出産内祝いとは

引き出物や快気祝い、お中元やお歳暮等、日本には日常のお礼やお祝いのお礼に感謝の気持ちを込めて贈る習慣がいくつかあります。時代の流れによってその意味は変化していますが、出産時のお礼の習慣として出産内祝いがあります。かつての出産祝いは現在とは違い、出産後に妻側の実家からお宮参りの衣装として、男児には「熨斗目模様の紋附広袖」女児には「友禅模様の紋附着物」を贈ったものでした。そしてお七夜には親族や知人などが集まり盛大にお祝いが行われました。内祝いとは「内=家」を表し、祝い事があった家から、贈り物をいただいたかどうかに関係なく、親族、知人への幸せのお裾分けとして贈るいわゆる報告のようなものであり、お祝いのお返しという意味ではなかったのです。

しかし、時代の流れとともに出産のお祝いもお七夜を内輪でやり、親族、知人からはお祝いの品を送って頂き、出産内祝いはそのお礼の意味を込めてお返しをするという習慣に変化しています。内祝いの品も地方によっての習慣の違いはありますが、かつてはお赤飯や紅白の餅などを贈っていましたが、現在ではインターネットやカタログなどを利用して、お返しをする相手や予算によって自由に様々な品物を選ぶようになりました。人気の品も時代とともに変わり、以前はタオルなどの日用品、またその時期に流行っていたお菓子、子供の名前を入れた商品が人気でしたが、現在では贈る相手に選んでもらえることが人気の理由となりギフトカタログなどを贈る方が増えています。

出産内祝いのマナー

時代とともに変化してきた出産内祝いですが、以前よりも贈る品についても自由になってきています。しかし、いくら自由になってきているといっても最低限のマナーや常識は存在しています。出産内祝いを贈る時に気をつけなければならないマナーは、送る時・・・

出産内祝いの選び方

いざ出産内祝いを選ぶときはなにがポイントとなるのでしょうか?前述のように、出産後は思うとおりに動ける時間と体力はなく、産後に出産内祝いの計画をすると思った以上に大変な思いをすることもあるので、出産前にお祝いを頂けそうな方々のことを思い・・・

人気の出産内祝い品

相手が喜んでくれることを基準に選ぶ出産内祝いですが、一般的にはなにが選ばれているのでしょうか?前述のように本来の意味が残っている頃は、紅白のお餅やお赤飯などを内祝いの品として配っていましたが、少し前には贈答品というと、タオルやグラス・・・